近畿歯科用品商協同組合

SEARCH

日歯Topics

日本歯科医師会メールマガン No.1212015/03/23
──────────
【1】日歯Topics (抜粋)
──────────
【1】日歯Topics
■健康長寿社会実現へ『東京宣言』採択
世界会議2015

「世界会議2015」(主催:日歯、日本歯科医学会、8020推進財団、日本歯科商工協会、共催:世界保健機関〈WHO〉)が3月13日から15日の3日間にわたって都内の東京国際フォーラムで開催され、高齢社会における同じ悩みを持つ国の人々が、健康寿命延伸のための歯科医療政策について議論した。世界会議2015では、世界保健機関(WHO)やFDI世界歯科連盟の他、アメリ
カ、ドイツ、フランス、中国香港特別行政区、韓国、タイ、インドネシアなど、23カ国、約1800名の歯科関係者等が参加の下、講演や討論で世界の英知を集結。▽歯科医療を通じた健康長寿の達成▽口腔ケアによる要介護者のQOLの向上▽最期まで自分の口で食べられる人生の支援―などの視点で、「健康寿命延伸のための歯科医療・口腔保健」に関わる『東京宣言』を採択した。

◇健康寿命延伸のための歯科医療・口腔保健に関する『東京宣言』
今、世界の多くの国は、医療の進歩や生活環境の改善により平均寿命が延び、急速な高齢社会を迎えつつある。同時に、平均寿命と健康寿命の乖離が生じ、結果として要介護者の増加という困難な事態に直面している。このことは、高齢者のQOLの低下の防止という極めて大きな課題を抱えることとなる。このような状況の中、健康長寿社会の実現に向かって歯科医療・口腔保健がど
のようにかかわるかが問われている。生活環境の変化による生活習慣病(非感染性疾患;NCDs)の増加がもたらす
課題を解決し、それによって早世(壮年期の死亡)と急速な自立度の低下を予防し、要介護者を支援することがいま歯科医療に求められている。
WHOの「NCDs予防と重症化防止に関する世界行動計画」を踏まえ、NCDs対策を推進していくために世界の歯科医師会、その他の関係機関は、歯科医療および口腔保健の活動と成果を共有するべきである。また、生涯にわたる口腔の健康は基本的な人権であることから、歯科医療・口腔保健はすべての健康政策に含まれ、提供されるべきである。ここに健康寿命延伸のための歯科医療・口腔保健にかかわる「東京宣言」を発する。
1.健康寿命の延伸に寄与する歯科医療・口腔保健のエビデンスの蓄積とそれに基づく健康政策を推進する
2.歯科保健医療政策と地域保健活動の成果を検証し、その情報を各国が共有する
3.生涯にわたる歯・口腔の健康の維持は、個人のQOLの向上とNCDsの予防および重症化防止のための基本的要素であり、健康寿命の延伸に寄与する
4.超高齢社会において、各ライフステージで適切な歯科医療が提供され、国家レベルで口腔保健の実践に取り組むための基本的役割をすべての地域歯科医療機関が担う
5.口腔疾患とNCDsの共通リスクを認識し、口腔疾患の予防と歯の喪失防止、口腔機能の維持、回復を図るための政策をライフコースアプローチとして推進する
6.NCDsの予防および高齢期における口腔機能低下の予防に寄与し、人々の生活を支えるために、歯科のみならず多職種連携で対応できる環境づくりを推進する
2015年3月15日 世界会議2015
──────────
【2】日歯ホームページ更新情報(3/7〜3/20)
──────────
■国民向け( http://www.jda.or.jp/
3/10(火)▽8020日歯TVに「認知症<2>〜お家でできる認知症の口腔ケア〜」を掲載
3/18(水)▽『健康長寿社会に寄与する歯科医療・口腔保健のエビデンス2015』を掲載
──────────
【3】日歯TV「認知症<2> 配信のお知らせ
──────────
▽8020日歯TV「認知症<2>〜お家でできる認知症の口腔ケア〜」を3月10日より配信しております。
続編となる「認知症<3>〜認知症と食〜」は3月25日の配信を予定しておりますので、あわせてご覧ください。
※8020日歯TV http://www.jda.or.jp/tv/index.html

配信日時:2015-04-01 10:38:12