近畿歯科用品商協同組合

◆歯科診療所ホームページガイドライン  2010-06-22 09:14:07

日本歯科用品商協同組合連合会平成22年度通常総会記念講演
−会員歯科診療所ホームページのガイドライン−

社)日本歯科医師会 医療管理委員会 委員長の各務勲次先生を講師にお招きし日商連の記念講演会が平成22年6月17日芝パークホテルにて開催されました。

 一般メディアの広告費は下がっているが、インターネットにかける広告費は上がっており、内閣府調査による2010年度インターネット普及率は74.6%(パソコン、携帯電話などインターネットの利用機種や、利用場所を問わない)で、特に若者世代は固定電話の契約や、新聞の購読が低く、インターネットの利用率が高いので、今後インターネットによる適正な医療情報提供が望まれる。現在、インターネット上の病院などのホームページは、当該病院などの情報を得ようとするものが、URLを入力したり、検索サイトで検索した上で、閲覧するものであり、従来より情報提供や広報として扱ってきており、引き続き、原則として広告とはみなさない旨、医療法による広告規制の対象から外れ、法律上は規制を受けていないが、歯科医療が健全性を保ち、国民の信頼を維持確保していくためには自主規制が必要との考えからこの度のガイドラインが策定されました。
*患者・国民が自ら医療情報を入手、選択肢、主体的に医療に参加して欲しい。
*適切な情報を発信したい。
*自主規制したい。適正見直しをしていく。

内容はコチラ「会員歯科診療所ホームページのガイドライン」PDFファイルをご覧ください。

 ガイドラインは日本歯科医師会会員が対象ですが、非会員(すべての歯科関係者)であっても本ガイドラインを遵守するよう取り組んで欲しい旨の要望をいただきました。

                                    (記 念 講 演)


                (上山副会長挨拶)


                (谷山会長挨拶)


            (日歯 大久保会長挨拶)